わたしの財布のなか

150万円の貯金を転職と引っ越しと全身脱毛で溶かした愚か者の再生記録。

メルカリをやって気付いたこと

メルカリをはじめて1ヶ月ちょっと。

 

販売純利益は2万円に達した。

 

洋服や雑貨を中心に25品を出品。そのうち売れたのは12品。

 

出品後すぐに売れたものもあれば、たくさん質問が来たあげく売れないものもあった。未だに売れ残っているものもある。

 

なんとなく始めたメルカリだけど、続けていくとユーザーの傾向が見えてきて結構おもしろい。

 

たとえば、わりとベーシックなものは出品してからすぐに売れる。マンハッタンポーテージの鞄を出品したときには10分以内に買い手が見つかった。しかも品物は少し汚れているにも関わらず、だ。

 

NIKEのスポーツウエアなんかも、比較的あっさり買い手が見つかった。スポーツウエアに関しては、耐久性や伸縮性を明記しておいたので質問がほとんどなかった。

 

それに引き換え、結婚式用のドレスは質問が殺到した。生地やウエストのゴムの具合、裏地の着丈も聞かれた。価格も4桁ではあるがそれなりに高くつけていたので、買う側も慎重になるのは当然だと思う。

 

値引きは、思いの外頻繁に要求されることを知った。巷に溢れるセオリー通りに希望販売価格の1割ほど高く価格設定をすることで、利益はしっかり得られるようになった。

 

多分、普通の店で販売されているものも、本来の希望販売価格があって、シーズンが終わる頃に値下げしても利益が得られるような価格設定をしているんだと思う。定価で買うっていうのはもしかしたらものすごく損かもしれないけど、たとえば洋服ならそのシーズンの真っ只中に着られるメリットが付加価値となっている。

 

いままでは、買い物をするときに値段として並べられている数字だけを見ていた。だけど実際に自分がものを売ってみることで、その価格設定の背景を考えるようになった。

 

消費行動にも変化が現れた。

 

シーズンの終わり際に70%オフをしているようなアパレルブランドで服を買わなくなった。同じ製品の平均価格よりあからさまに低い価格設定の製品は、即買わずによく調べて吟味するようになった。

 

そして、ある程度使ったらメルカリで売ってしまえるように、普遍的に価値のあるものを探すようになった。次にまた誰かが使いたくなるようなもの。あわよくば私がずっと手放したくなくなるもの。

 

物に対するこだわりを持つ。忘れがちだけど大切なこと。その場の欲求にしたがった買い物、理由が安いというだけの買い物はやめた。

 

そして、そんな買う側の心理を考慮して出品する時には出来るだけ買い手の不安をなくせるように努めている。

 

質問にはなるべく真摯に答える。買いたいと思ってくれている熱意が冷めるのは、思いの外早い。なるべく正直に、でも買ってもらったあとに損したと思うことがないように、丁寧に伝えていく。

 

実際にいま、販売職に携わっている私としてはそのプロセスがどんなに大切か身をもって体感している。

 

身銭を切る覚悟を持たせるために、といったら大袈裟かもしれないけれど、少し恩を売るくらいがちょうどいい。誰にでも分け隔てなく、ではなく商品の前で立ち止まってくれたあなただけに、という特別感の演出が大切。

 

発送の際には、メッセージカードを添付している。定型文とその人に応じたメッセージを組み合わせて、短い文章だけど手書きで作成したもの。サンキューレターとまではいかないが、今後また買うときに自分のページを思い出して見に来てくれたらという淡い願いを込めて。

 

一番心がけているのは、やり取りのはじめに元気よくはじめまして!と挨拶すること。そして会話に相手の名前を織り込むこと。あなたと話しています、という意思表示は効果的だ。

 

消費者しか経験できなかった頃に比べて、いまは誰でもモノやサービスを売れる時代になっている。海外では小学生くらいの子供が道端でモノを売るのが普通らしい。その経験が、流通感覚を養っていくためにすごく大切だと思う。

 

メルカリは誰にでもおすすめ。

 

ちょっと面倒かもしれないけど、やり取りして梱包から発送まで一通りやってみると達成感がある。

 

ぜひ、挑戦してみてほしい。

7/25〜8/23の支出公開

いつの間にか給料日から早くも1週間経っている…!というわけで8月分の支出まとめてみた。

 

家賃 41,500円

ガス代 858円

電気代 3,556円

水道代 1,540円

ウォーターサーバー 950円

Wi-Fi  8,233円

mineo 1,699円

定期代 15,000円

 

食費合計 23,610円

(スーパー 9,074円

 コンビニ 6,664円

 出勤日昼食 7,872円)

 

日用品費 1,191円

交通費 3,000円

被服費 0円

美容代 9,270円

娯楽代 18,577円

特別費 4,069円

 

支出合計 155,459円

 

今月は洋服を買っていないので被服費は0円。美容代の内約は美容院のカットとカラー代。

 

コンビニと娯楽代が高かったなあ。

 

wifi項目は、新しいルーターに替えたのでそのルーター代の請求も込み。

 

57,738円が浮いている。その中から貯金25,000円、旅行積み立て14,000円を引いて18,738円。

 

この18,738円が見当たらない。

ついに使途不明金…?

 

うーん、もしかしたら旅行とかで使っていたりレシートの記入を後回しにすることがあったからずれたのかも。

 

後回しにする癖をなくしたい。

 

8月の給料日からは今のところ書き漏れはない。なんとかこの調子でやっていきたい。

 

でも9月は旅行だから赤字はほぼ確定なんだよなあ。

 

私の悪い癖、赤字と決まったら節約しても意味がないと思ってさらに赤字額を増幅させてしまうこと。

 

今回はそうならないように。

 

また1ヶ月、つづけるぞー!

過去の自分を殴りたい

きょうは待ちに待った給料日。

 

2月入社の私には8月の給料日に半年分の定期代が入る。

 

…はずだった。

 

わくわくして明細にアクセス。

 

まさかの定期代なし!

 

どうしたんだろうと思っていろいろ確認してみたところ、私の勘違いだったようで。

 

2月入社して2月の給料日に半年分の定期代を支給してもらったんだけど、私はそのあと3月に引っ越しをしたので支給額が増えた。

 

その増えた分が4月の給料日に調整されて支給されたけど、なんか金額多いなーなんて思っていたらこれだよ。

 

その時点で、4月から10月の半年換算で支給されていたらしい。

 

なんだよ詐欺じゃんって思ったけど、入社時にもらった書類にちゃんとその旨書いてあった。

 

ちなみに支給されたお金はもうない。

 

こういうところだよ。

 

こういう適当さがいつも自分の首を絞める。

 

あと2ヶ月、自腹で定期代を払わなきゃいけない。

 

そもそもはじめから私が半年勤められる覚悟があればこんなことにはならなかったわけだけど。

 

1ヶ月ずつ定期を買うと8ヶ月で167,120円。半年定期を買っていれば102,360円。プラス41,780。まあ差額2万円くらいだけど、今の私には大きい。

 

来月、一人旅をするために浮いた定期代をアテにしていたけど、まさかの浮かないという自体。

 

あー。

 

本当に馬鹿だ。

 

もらったお金をそのまま使おうとするなよ、私。

 

ていうか毎月1ヶ月ずつ買うって決めてもその定期代を違うところに使うなよ。

 

そんなわけで、今は戒めとして引っ越したての頃に見栄で買ったインテリア小物や遊んでいないゲームをメルカリで販売している。

 

売っても何のダメージもないものに、なんでこんなにお金を使ってしまったんだろうなあなんて思いながら梱包する。

 

お陰で売上は1ヶ月で1万円を越えた。

 

あと1万円稼げると、補填しようとしていた旅費の金額に届く。

 

あと少し、がんばってみよう。

 

そういえば、Excelで家計簿を作ってみた。案外かんたんに作れて驚いている。

 

8月分を今朝締めたので、あとで公開する。

 

引き続き、使いすぎないように心がけていく。

 

1ヶ月ちょっとで変われるとか、うまくいくなんて思ってなかったけど。

 

筋金入りの浪費家にはなかなか骨の折れるチャレンジ、それが節約。

 

気長に、やっていくしかない。

残り10日で給料日

前回の投稿から1週間くらい経ったので改めて支出の振り返りをしてみる。

 

 

家賃 41,500円

光熱費 5,954円

通信費(先月引き落とし) 9,932円

保険料 5,600円

定期代 13,000円

 

食費 20,879円

交際費 3,836円

プレゼント代 4,069円

書籍代 2,194円

交通費 3,000円

美容代 9,270円

日用品費 705円

 

支出合計 119,939円

 

 

流動支出の予算は49,500円。

 

あと5,547円で見積もった予算に到達してしまう…!

 

今月は通信費も普段より3,300円多いので実質あと2,200程でオーバー…。

 

なかなかむずかしいなあ。

 

今月の敗因は完全にコンビニ利用回数の増加かな。お昼代が徐々に増えている。

 

予備費がまだあるので、今月はそこにお世話になる。貯金を切り崩すことはなさそうなので、あと10日も気を抜かないようにしよう。

 

食費は1日で1,000円くらいかかっている印象。自炊率をもっと増やして3桁で押さえられたら嬉しい。外食費も込みなので、回数を減らすことでより少額に出来るはず。

 

ただし、仕事で疲れているときなどはストレスにならない程度にする。無理だなあと思ったら贅沢しすぎない程度に外食に頼る。

 

メリハリを大切に、引き続き取り組もう。

 

15日分の支出を公開する

ちょうど半月たったので、ざっくりと支出を振り返ってみる。

 

家賃含め、光熱費や通信費などの合計が62,128円。

 

外食費含む食費合計が26,500円。

 

ここまでで合計、88,628円。

 

今月の給料日までの職場までの交通費が13,000円(いままで一月ずつ買っていたので足が出ていた)。8/25以降はこの支出項目は消える。

 

合計93,628円。

 

仕事の帰りが遅くなったりすると、どうしても自炊か難しいので外食費が嵩む。今月の食費は少し高めだ。

 

その代わり、今月は遊ぶ予定がほとんどないため、交際費は手付かずのまま12,000円。このあとの予定を差し引いても半分は残るだろう。食費の増加分をこのあたりで調節する。

 

袋分け管理はすでに匙を投げた。

 

というのも、私の会社は個人の立て替えがやたらと多い(どうかと思うが仕方ない)。そのため、あとから戻ってくるとはいえどこからか現金を捻出する必要がある。

 

なるべく頻度の少ない項目から使うつもりが、予想外に物入りになったりして財布の中にいれておいた別項目の現金に手をつけざるを得ないこともあった。

 

このことから、無理に袋分けにこだわるのをやめた。

 

代わりに医療費や交通費など、基本不要の項目だけ袋に分けて手元においておくことにした。

 

その他の項目は給料日後にデビットカードへ入金することにする。決済のスムーズさとポイント蓄積は大きなメリットだからだ。

 

ただ、私のような人はその便利さに託つけて浪費に繋げてしまうので、その都度レシートをもらってノートに金額を記入する。

 

ノートへの記入を袋分け管理のように項目別にすることにした。本来はExcelに入力してその都度残高が見える方が効率的だが、生憎家でPCを開く機会が少ないので今はやめておく。

 

そんなこんなで、いろいろ試してみては改良したりしている。

 

たった1ヶ月ちょっとでうまくいくとは思っていない。失敗と成功を重ねながら、だんだんうまくできるようになったらいいなという気楽な気持ちで取り組む。

 

半月ごとに振り替えるのもいいやり方だと思った。後半をいくらでやりくりするか、軌道修正しやすいからだ。

 

とりあえず、私の場合はここからさらに25,000円の貯蓄を差し引いて残り40,000円ちょっと。この中でやりくりしていこう。できたらここから、一人旅の資金を少し捻出したいので、30,000円で事足りたならば上出来とする。

 

さあ、後半戦も頑張ろう。

旅は少しくらい不便な方がいい

先日、彼と休みを合わせて旅行に行ってきた。

 

行き先は伊豆。

 

27年以上生きてきて、2人揃って伊豆に行ったことがなかったので行ってみることにした。

 

どうやら下田の海が綺麗らしいという話を聞き、着いて早速白浜海岸へ向かう。それも2人してキャリーケースを引き摺りながら。

 

白浜海岸には海の家がなかった。

 

普段は由比ヶ浜の海に行くので、同じ感覚で海なんだから海の家くらいあると思っていた。そこにキャリーケースを預ければいいと安易な考えで向かったが、出鼻を挫かれた。

 

そしてまさかの、Wi-Fiの電波が不安定でググることも出来なくなった。

 

いろんな人に聞き込み開始。さすがは観光地、みんな気さくに答えてくれる。個人経営の安心して荷物を預けられる店を教えてもらい、無事に海を堪能することができた。

 

海の家や電波だけじゃない、誤算は他にもある。バスが交通系電子マネーに対応していなかった。乗り降りする度に両替に手間取る。

 

駅前のロッカーは100円硬貨のみで600円かかる。近くには両替機もないので、自販機でジュースを買って崩す。

 

段取りはあまりよくない。お互いにそれは自覚していた。

 

基本的に私たちは、下調べをあまりせずにとりあえず旅に出る。宿と現地までの道のりはしっかりと、着いてからはざっくりとしたことだけ決める。なので、現地で困ることが結構ある。

 

だけど、私は旅は少しくらい不便でちょうどいいと思っている。

 

全くハプニングもなく、スケジュール通りにさくさくこなせてしまうのは何の刺激にもならないからだ。

 

彼に言われた言葉の中で、私を適当かつ些細なことを気にしない人格に変えてしまったものがある。

 

"失敗するかも知れないけれど、いままで何とかならなかったことってないでしょ?"

 

確かになあと思った。

 

困ろうが、不安だろうが、やるしかなくて、何かしらやれば結果にたどり着く。

 

旅も、仕事も、お金のことも、人生全て、やるしかない。

 

それを聞く前の私は、本当に旅が嫌いだった。予期せぬ事態に陥ると対処できないから。その頃だって、今と出来ることはさほど変わらないからやろうと思えばなんとでもなったはずだ。だけど自信がなかった。

 

今思えば、何をそんなに失敗を怖がっていたんだろうなあと思う。

 

最近では立て続けにお金の使い方を失敗していた。だけど失敗したならまた立て直せばいいという想いの元に、いま私はお金と向き合っている。

 

旅も同じ、むしろ旅は自分と向き合うことだと思う。大袈裟かもしれないけど、見知らぬ土地に放り出されてはじめて、真価を問われるような気がするのだ。

 

今回の旅に出て、私にはひとつやりたいことが出てきた。

 

今年中に、1泊でいいから一人旅をする。

 

今まで絶対やりたくないなと思っていた一人旅。話し相手もいない状況で、どうやって楽しく過ごすのか疑問だった。でもそんな状況だからこそ、よりしっかりと自分と向き合うことが出来るはず。

 

何より、自信に繋がると思う。自分で出来ることが増える、それは社会人になってからそう何度も訪れる機会ではないからだ。

 

行き先は京都か石川あたりを検討中。自分の意のままに決めようと思う。

 

さて、一応これは財布のなかを晒すブログなので、今回の旅費をさらっと書いてみる。

 

交通費 10,790円

(指定席券+特急乗車券+南伊豆フリーパス)

宿代 27,000円

(客室露天風呂+夕朝食)

その他観光費用 14,000円

(昼食代+ロッカー代+バス代+お土産etc…)

 

合計 51,790円

 

お金と向き合ってるわりに、宿代高いなって思ったでしょう?

 

理由は、地魚を使った刺身や焼き物を堪能したくて贅沢な夕食が食べられる宿を選んだから。

 

この旅のお金は前もって避けておいたお金なので、家計を圧迫することはない。

 

そして何より、彼と旅行に行くのは1年に 一度くらいなので、この時ばかりは奮発する。

 

いままで、何に使ったかわからないのにお金が減ったなあと思うことが多々あった。安いからという理由だけで決断した買い物は数知れない。

 

旅は、お金はかかるけれど、心に刻まれる。あー、行ってよかったなあと思える。達成感や充実感がある。これはいいお金の使い方だと思っている。

 

もちろん、普段もちょっといいものばかり選んでいたら、お金は手元に残らないし幸せの基準値が知らぬ間に上がって旅行なんかじゃ満足できなくなってしまう。

 

そうならないためにも、日々の生活とのメリハリが大切。旅の満足感を高く保つために、贅沢を日常にしないように気を付ける。

 

さあ、次は一人旅に行くためのお金を貯めるぞ。

 

目標金額は5万円。

 

寒くなる前に行きたいな。

予算を袋に分けるとこうなった

7/25にもらった給料を、予算ごとに袋分けして管理し始めた。

 

食費、被服費、医療費、交際費など、8つの袋に入れている。出掛ける際に必要に応じて持っていく袋を変えている。

 

2〜3日は順調だった。基本的に仕事のある日は昼ご飯と夜ご飯くらいしかお金を払う機会がないからだ。食費と、何かあったとき用に予備費を少しだけ持っていく。

 

問題は休みの日。

 

この間美容院に行ったときには、美容代の袋と間違えて被服費の袋を持ってきてしまった。またあるときは、食事以外のものが全て無駄に思えて費用科目が判別できずに予備費ばかりが消えていく。

 

昼食代とスタバ代を楽天デビットカードへ入金したいけれど、今月の手数料無料は月頭に利用してしまった。手数料432円を払いたくないので8/1まで入金を躊躇う。そのため、食費なんだか、スタバ代なんだか、はたまた外食代なんだか、何のお金をいくらどの袋から出したかややこしくなってしまった。

 

 

 

結論:7日目にして限界が見えた

(もう挫折しそう)

 

 

そもそも普段必要なお金をバラバラに仕分けたからと言って、財布を出す回数は格段に減るわけではない。ただ面倒な手間をふやしただけだった。

 

現金で支払うことが多いものに関しては、現金で手元に置いておくといいかもしれない。医療費、交通費、交際費、クレジットカード払いが出来ない近所のスーパーやカード対応してないその他の店で使う現金は袋分けする。

 

それ以外のものはデビットカードへ入金する。アプリで残高は見られるが、項目ごとの支出の把握が難しくなる。そこはマネーフォワードをリンクさせるか、手書きで項目ごとに記入する。

 

もうひとつ困ったことがある。すべてのお金を袋分けしたことで財布に入れておくお金がなくなってしまったのだ。とりあえず予備費を入れたところ、どうにも出番が多すぎる。

 

だから現金の、スーパーやその他カード対応してない店のお金を1週間か、5〜10日単位で分けて決めた金額を入れておくことにする。

 

とにかく、手持ちの中でやりくりする感覚を取り戻したいので、ややこしくして面倒になっては本末転倒だ。

 

今月はもう始めてしまったし、とりあえず次の給料日まであと3週間だけと自分に言い聞かせて続けてみる。

 

何事もトライ&エラー精神なので、とりあえずやってみて失敗すればまた次の手を考えるまで。

 

お金に負けるものか。

 

もしも袋分け管理が得意でうまいやり方わかる人いたら教えて下さい。それ以外にもいいやり方あれば知りたい…。