自分に出来る仕事とは

「自分のことは自分が一番わかっている」

 

これ、多分嘘だと思うんですよね。私たちって実は、他人より自分にたいして取り繕うことの方が多いんだなあと、最近になって気付きました。その取り繕う行為によって、自分のことを自分が一番見えない状況になってしまいます。

 

自分に嘘はつきたくない、でも格好悪い自分になるのは嫌だ、もっと欲を言えば周りから称賛されたい。こんな思いが重なって、本当はあまり好きではないこと、得意ではないことを続けている人も中にはいると思います。今の私はまさにこの状態です。

 

好きだけど苦手な状況とは

 

私はいま、料理人として、とあるレストランで働いています。もともと作ることも食べることも好きでした。だから将来は自ずと道が見えていたし、自分が好きで選んだことだからと、その選択を疑うことは一度もありませんでした。でも私をその道に進ませた一番のきっかけって、実は違ったんです。

 

そのきっかけは、父親が放った「俺は人生やり直せるなら、料理人になりたいんだよ」という言葉でした。本当にこの些細な一言で、私は変な使命感に駆られたのです。私が料理人になったら、きっと私を誉めてくれるに違いない、と。また、学校によく手作りのお菓子を持って行き、友達にあげてました。そうすると友達が、「やっぱりmakiが作るものはおいしいな、料理を仕事にしたほうがいいよ!」と言ってくれます。今なら世辞だとわかりますが、当時の私はこれを鵜呑みにしていました。将来が決まったな、と。

 

いざこの業界で働いてみると、私は理想と現実のギャップに困惑します。私は料理人として働き続けることで料理人であることに自信が持てるのではと思っていました。しかし、7年目に差し掛かっても、自分に自信が持てません。

 

なぜなんだろう、と考えていたとき、私はあることに気付きました。私は料理を作ることは好きだけど、職場の人たちに評価されたり技術や発想の乏しさを批難されることで、仕事における料理というものが嫌になっていたんだと。いろいろ勉強しても、きっとまた何か言われると思ったら、積極的にあれこれ試すようなことと出来なくなってしまいました。否定されることなんてどんなことでも付き物なのに、特に料理に関しては、それが怖くてたまらないのです。

 

あれ、全然楽しくないや、でも好きで始めたんだから続けなきゃ。周りもがっかりするだろうし、高い学費を払ってもらって専門学校まで通ったんだから。そんな思いがぐるぐる頭を駆け巡り、辞めてはいけないと暗示をかけ続けてきました。

 

でも本音はどうでしょう。12時間拘束で手取20万にも届かず、体力と精神を磨り減らしながら、今の仕事にしがみつく理由が見当たらないのです。仕事を思い出してしまうから、家で料理をすることも減りました。友達を呼んで料理を振る舞うこともしなくなりました。

 

結局、私がうまくいかなかった理由は、始めるきっかけも続ける理由も、他人に委ねてしまっていたことだと思います。周りの意見を聞いて、私は料理を仕事にするんだと暗示をかけ、本当は熱意や発想力とかもあまりないからどこかで躓くのは目に見えていたのに、そんな自分の本音に蓋をしました。

 

やりたいことは出来ることではない

 

当たり前だけど、やりたいことというのはあくまで理想の状態です。それとは別に、出来ることというのは、自分で実現可能な範囲のことを指します。

 

よく巷では、「自分のやりたいことを仕事にしましょう」なんて耳障りな謳い文句が当たり前のように言われています。もちろん学生のうちは、まだ自分の出来ることなんてわからないから、やりたいことをきっかけに仕事を選んでもいいと思います。でも少し社会人を経験すると、自分というものが見えてきます。本当に出来ること、絶対やりたくないこと、これだけは譲れないもの、なんていうのもわかってきます。

 

働くことは、自らがお金が必要である限り、勝手にお金が入ってこない限り、生きていくために切っても切れないものです。だからこそ、少しでも負担やストレスを軽減させるために、自分に正直になって仕事を選んでみるのもひとつの手だと思います。

 

ちなみに私は、多分次の転職で料理人という肩書きを捨てることになると思います。料理の世界しか知らない私にとって、外の世界はあまりに広くて仕事の種類も溢れています。今日から少しずつ情報を集めながら、悔いのない転職に挑めたらと思います。

結婚してない人を急かす風潮に物申す

私事ですが、先日、27歳の誕生日を迎えました。

 

学生を終えて早7年目、そして社会人7年目。私も少しは大人になったんじゃないかと思っていた今日この頃。しかし、女の子の友達に会うと、そんな自負は崩れ去ります。

 

次から次へと結婚をする友達。気が付けば既に妊娠数ヶ月の友達。さらには出産を経て、子育て奮闘中の友達も稀にいます。

 

それに比べて、結婚なんてまだ先の話だと呑気に構えている私。ここには明らかに差があるなあと感じます。

 

そんな周りの人たちは、仕事のスタンスも変わりつつあります。

ついこの間までやりがいを感じながらバリバリ働いていたのに、いつの間にか腰を据えて長く働ける職種に転職して今後に備えた働き方を始める友達。

 

それに比べて、新卒入社した安定起業を離れてこの秋から小規模でまさに少数精鋭といった感じの職場で働き始めた私。端から見たら、今後のことは完全に二の次といった選択です(実際そうなのですが、この経緯についてはまた後日)。

 

この差はなんだろう。

 

みんな、いつの間にそんな"ちゃんとした大人"になったんだろう。

 

そして、どうして私はいまだに、自分のことばかり考えて生きているのだろう。

 

そんな"ちゃんとした大人"になれた友達と話すと、自分の選択に迷いが生じてしまいます。比べてもどうしようもないし、必ずしも私が間違っているわけではないのに。

 

途中まではみんなかわらない

 

昔から、"面白そうだから"とか"やってみたいから"といった自分の直感に従って取捨選択をしてきました。習い事も、部活動も、仕事も。

 

大体の人がそうだと思います、途中までは。

 

※やりたいことが特にない人は、この段階がどうなっていたのかは知らないけど、私には今のところ知るすべがないので割愛します。

 

ある日突然、クラスメイトが結婚をします。だいたいちょっとギャルっぽくて、中学くらいから男の先輩とつるんでいた女の子なんかは、なぜか結婚が早いような気がします。でもここまでは平常心です。あの子は絶対早く結婚すると思ってたんだ〜なんて口々に言い合っておしまい。

 

でも問題は仲のいいグループの一人が結婚し始めること。揃っていた足並みが崩れ始め、この辺りから少し焦り始めます。次は誰々ちゃんの番だねいやいやそれはないよ次は誰々ちゃんだと思うよ〜なんて言い合っているうちはまだマシです。

 

あの子もこの子も結婚して、もしもグループの最後の未婚者になったら…悲惨な光景が想像つきますよね。

 

結婚とは、何となく待ち遠しくて、でも2人のタイミングが重要で、誰かとその早さを競うものでもなければ、遅いからといって急かされるものでもないと思います。

 

でも現実は友達に急かされ、両親や親戚に急かされ、それでも結婚せずに30代に突入しようものなら勝手にいきおくれの烙印を押されます。失礼な話です。

 

勝手に焦り、空回る

 

そして周りから急かされた本人は焦って彼に結婚をせがむけど、男性側がこれまた呑気に、ゲームのレベリングや仲間内とのフットサルなんかに夢中だったりして脳みそに結婚のけの字もなかったりします。深まる溝、不穏な空気。周りは結婚ラッシュで自分達とは雲泥の差、最悪だ。

 

そして友達はそんな状況になってしまったタイミングで、久々に私と食事をすることになる。私は互いの近況や趣味の話を楽しむつもりでいたのに、友達からは結婚がしたいのに彼が全く考えてくれていなくて嫌になる!なんて話をいきなり聞かされて困惑してしまいます。友達がなぜこんなに結婚をしなきゃいけない状況に追い込まれているのか不思議で仕方がなく、なんて声をかけたらいいのかわからなかったのです。

 

取り巻く人たちによって考え方は変わる

 

今ならわかるけど、きっと私の周りの"ちゃんとした大人になれた"友達は、そんな状況を私より早く経験したんだと思います。

 

ではなぜ、私はそんな状況を今の今まで経験していなかったのか。理由は3つあります。

 

まず1つ目は仕事が忙しくて友達に会う時間があまりなかったから。2つ目はFacebookを退会したので余計な情報が流れてこなかったから。3つ目は職場に女性がいなかったから。

 

あまりに周りのことに疎くて、全く焦りませんでした。そんな矢先に急に友達みんなの結婚にまつわる話を立て続けに聞いたので、私は焦るというより少し不安になっています。

 

 

 

ちなみに私は、別に結婚をしたくないわけではありません。付き合っている相手だってちゃんといるし、この人とならわりとうまいことずっと生きていけるんじゃないかと思っています。結婚するのが数年後でも、明日でも、それがそうすべき時なら、喜んで受け入れます。

 

でも私は、結婚だけを人生の目的にしたくないのです。

 

今友達に会うと、結婚するのかしないのかなんなのかっていう話ばかりです。もちろんその話も大事だし聞くのも嫌いではありません。のろけるのももちろん結構。私だってごくたまーに、のろける時くらいあります。

 

だけど私は、彼といるときの友達の話よりも、もっとみんなが頑張っていることや夢中になっているもの、行った場所や楽しかった出来事をうきうきしながら話してほしいのです。かつてはそんな話ばかりしていたのに、みんなに大事な彼が出来て、この歳になったら、今度は結婚するまでずっと不平不満を言われるなんて、困ります。

 

結婚が悪いことだと言っているわけではありません。結婚という大きなイベントの影に、みんなの魅力が隠れてしまうのが悲しいのです。

 

どうか、この結婚していないことがプレッシャーになってしまう風潮が、少しずつなくなってくれたらいいなあと願うばかりです。

 

実家がアパートでよかったこと

私は小さい頃から、自分の部屋というものに強く憧れていました。

 

そんな私の実家は、アパートです。

 

アパートの間取りは台所の他に、6畳の部屋が3つ。そのうちひとつを3つ歳の離れた妹と共有していました。

 

貧乏だったかと訊かれると、まあ確かにそこまでいろんなものは与えられていませんでした。当時の流行りだったエンジェルブルーやポンポネットなどのブランド服は1着も買ってもらえませんでしたが、私の周りは私も含めてUNIQLOのフリースに3本線のジャージみたいな格好ばかりだったので、特に浮いた記憶もありません。人並みに遊びに連れていってもらったし、ご飯もお腹いっぱい食べられたので、貧乏だなあと卑下するような生活はしていませんでした。

 

ただそのアパートは父親の両親が建ててくれたもので、最初はその1室に父親が住んでいたのです。そこに母親が嫁いできて、やがて私と妹が生まれ、特に引っ越す理由もなく、私が家を出た今も私以外の3人はそこで暮らしています。

 

そんなアパート暮らし、当時の私にとって正直あまり好きなものではありませんでした。アパートってなんとなく格好悪い感じがするし、友達の家は庭付き一戸建てだったり、マンションにプールがついていたので、それがとても羨ましかったのです。また、アパート暮らしだと家庭が複雑なんじゃないかと思われたり、勝手に可哀想だと同情されたりするんじゃないかと気にしていました。実際はそんなこと全くなかったのですが。

 

そんなアパート暮らし、今一人暮らしをするようになって振り返ってみると、実はいろいろ良かったことがあったのです。今の私はこの家無くしてあり得ません。今回は、特によかったなあと思うことを4つほど挙げていきます。

 

 

 

自分の非を認めることが出来るようになった

 

例えば親に怒られたとき、ちょっと素直になれなくて廊下や階段を駆けて自分の部屋に引きこもるときもあったと思います。でも我が家には自分だけの部屋がありませんでした。また、どの部屋も引き戸なので木の棒でも用意しておかない限り、子供の手で扉を押さえ続けるには限界があります。

 

もうこうなると外に出るしかないんです。でも鍵を閉められたらと思うと、飛び出す勇気はありませんでした。顔を上げれば有無を言わせない空気を纏った親の顔。腹を括るしかないのです。

 

だからその場で自分のしたことをもう一度よーく考えます。それが間違えていたから叱られたんだと気付き、考え、子供ながらに反省します。そして謝るしかないんです。それもまたぼそぼそ言ってしまって、「声が小さい!」なんて怒られたりするんですけど(笑) お陰で悪いことしたなあと思ったらちゃんと謝ることも出来るようになりました。当たり前と言ったら当たり前なことなんだけど、結構非を認めずに謝れない人ってたくさんいると思います。

 

反抗期に感情の抑え方を考えた

 

中学校くらいになると、ほぼ誰にでも反抗期ってやつが来るじゃないですか。程度は人それぞれだけど、なんとなく親が煩わしくなってしまったり。それって成長過程において必要なことだと思うんですよね。

 

でも我が家ではあまり派手に反抗すると、もれなく居場所がなくなります。引きこもる部屋もありません。イライラしても家族の視線が突き刺さり、ただただ居心地が悪いのです。

 

なので必要以上にイライラしないようにだとか、親に何か言ってしまう前に頭で今何を言おうとしたか考えて踏みとどまったり、出来る範囲で感情的になりすぎないように気を付けました。

 

それでも反発してしまうときはありますが、普通の反抗期よりはマイルドだったんじゃないかと思います。

 

集中力が身に付いた

 

我が家は今の隣に子供部屋があり、今に背を向けるように学習机が置かれています。宿題やテスト勉強はもちろんここでやります。でも子供部屋の引き戸は開け放たれたままです。

 

なぜ空いたままなのかというと、引き戸で仕切ると居間が凄く狭く感じるから母親が嫌がります。また、子供部屋にだけあるエアコンの恩恵を居間に届かせるため、引き戸は滅多に閉められません。

 

居間では常にテレビがついていました。そして家族同士でお喋りもしています。それを背後に感じながら、私は勉強をしていました。今思えば、音楽を聴きながらとか耳栓すればとか、遮る方法はあったと思います。でも当時の私は騒音の絶えない空間でも普通に勉強していました。今では逆に、静かすぎると落ち着かなくて集中するのが難しいです。

 

家族間の交流が途切れることはなかった

 

家族4人とも、家にいるときはだいたい居間に集まっていました。子供部屋で過ごすことも出来ましたが、なんとなく誰からともなく居間に腰をおろします。

 

狭くて仕切りのない空間でで過ごす時間が長かったので、家族が常に視界に入っているのは当たり前。何なら寝る直前まで6畳の居間に4人、こたつを囲みながらテレビを見て談笑していました。普通の家では食事が終わり次第、各自部屋に篭ることが多いと聞いたときには驚きました。我が家は特に篭る場所もないので、食べ終わって台所に食器を下げてもまた居間に戻るんですよね。

 

 

 

よく家のことを友達とかに話すと「本当に家族仲がいいね!」なんて言われますが、多分うちの家族も自分の部屋があるような家だったらそこそこの仲だったと思います。環境が私たち家族の繋がりを強くしてくれたといっても過言ではないかと。

 

そんなアパートで20年ちょっと暮らした後に、私は実家を出ました。会社が遠かったのでもう少し通いやすいところに引っ越したのです。

 

一人暮らしを始めることで、私の夢はひとつ叶いました。ついに自分だけの居場所、誰にも邪魔されない私の根城を手に入れたのです。

 

誰も私を咎めない空間、何をしても許されるこんな空間を、もしも子供の頃から持っていたら私はちゃんとした大人になれたのかな。もしかしたら、学校にも行かずに引きこもって怠けていたかもわかりません。

 

私には、あの小さなアパートが合っていたのかもしれません。今の私があるのは一緒に過ごした家族と、あの部屋のお陰だと思っています。昔は恥ずかしくて自分の家がアパートだということを伏せていましたが、今は何とも思いません。誇りとまではいいませんが、アパート暮らしも悪くないです。狭いけれど、騒がしいけれど、ひとりの時間はないけれど、寂しい時間はほとんどなかったです。楽しくて、明るくて、あったかい、この3つだけは大きな家にも負けません。

 

さて、そんな私の次なる夢は、部屋の中に螺旋階段のある窓の多くて明るい庭付き一戸建てに住むことです(笑) せっかくなら夢はでっかく。でももし私がアパートで所帯を持ったら、その時はこの話を家族にしてあげようかな。

 

狭い家も、悪くないよ。